メンズ

南京虫駆除に手間をかけない|あらゆる害虫トラブル解決策

専門業者に任せましょう

ねずみ

夏場は依頼がひっきりなし

毎年夏になりますと、ハチに刺されて死亡といったニュースが何件か聞こえてきます。よくあるのは、遠足などで山に登って集団でハチに襲われるというものです。しかし近年は都市部でも、大きなスズメバチやアシナガバチによる被害が増えています。これらのハチに刺されますと、最悪の場合死に至ります。民家や公園などでもたくさんの巣がつくられるようになりましたその理由は、都市部にもスズメバチが巣をつくって暮らせる環境があるということです。甘いジュースなどの飲料のゴミは、彼らにとっていつでも口にできる食料となりました。それは自然界の天候に左右される花の蜜とは違い、人間がいる限り、いつも供給されます。そういったわけで、人間が暮らすすぐ近くに、ハチも営巣するのです。自治体や専門業者には夏になるとハチ退治の依頼がひっきりなしにあるそうです。

習性を熟知して行う

まず我々人間が、ハチに巣をつくらせないようにすることが大切です。飲んだり食べたゴミを、放置しないことです。公園や道路の植え込みの中に、飲んだ後の空き缶などを捨てると、格好のエサになります。また庭木や、雑草の手入れをハチが活動し始める前に行うことで、見通しがよく営巣しにくくなります。できてしまった巣は、小さいうちであれば取り除くこともできます。しかし個人では手に負えなくなったらハチ退治専門業者にお願いします。ハチ退治は、危険を伴う作業です。ハチの習性を熟知していないとできません。また、駆除剤や防護服、足場などの装備も必要です。素人が駆除するとなると、位置から揃えなくてはなりません。退治の専門業者はそういったものを備えていますので安心して頼めます。